◆ゴマブログ◆

フレンチブルドッグ"ごま"を中心にしたワンコ専用日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更に悪化…

ごまにケージ内でご飯をあげるようになってから、私達は噛まれる事なく比較的順調に過ごしていました。

が、それも数週間しか続かず…。

朝ご飯は、ケージ内で寝ていたごまをそのままフリーにせず、ご飯をあげてからフリーにしていたので良かったのですが、問題は晩のご飯。

時間になると、「ハウス」コマンドでケージ内にごまを戻していたのですが…。
毎日続けていると、ごまも察するらしく、「ハウス」コマンドを使う前に怒ってしまい、手がつけられなくなる状態になりました。

ご飯を食べたはずなのに、ご飯だと勘違いして怒りだす事もありました。

リビングで寝ていると、外から人が入ってくる事に怒る事もありました。

また、朝の散歩中、義母さんの手を思い切り噛んでしまう事がありました。
ずーっと噛み噛みするおもちゃをあげると執着が酷いのは昔からなのですが・・・。
結局夜になっても血が止まらず、夜間病院に診察してもらいに行きました。
縫う程の傷ではなかったのが幸いです。
包帯でしっかり固定してもらい、破傷風の注射を打って帰ってきました。

この状態では一緒に生活していくことが難しい…。
今までなかなか思い腰があがらなかったんですが、まつと相談して「ホームステイ躾教室」にごまを預けてみようという話になりました。

何十万もかかるし、躾に出したからといって、ごまの状況が100%改善するとは限らない。
それでも、1%の可能性があるなら、試してみたいと考えました。

TVチャンピオンNo.1の先生に電話をし、状況を説明するも「なかなか難しい状況ですね。録画してDVDを送ってもらえればアドバイスできるかも?」と言われたごま。
(ホームステイ躾教室は満杯。。)
TVチャンピオンNo.2の先生にも相談するも、「治すのは難しいかも…」と言われたごま。

ネットでも躾教室をいろいろと探しました。
ある躾教室のBlogにて、ごまと同じようにご飯の時等に怒ってしまう犬が、ホームステイ躾教室から戻されている記事を発見しました。
そこには
「虐待されたとか何かトラウマがあるのかもしれません。このままここに居ても改善しないのでお返しすることになりました。」
と書いてあり、奈落の底に落とされた気分でした。
ごまは、どこの躾教室でも門前払いされる可能性があるかも・・・と。

そして、ホームステイ教室に預けるにあたって、TVチャンピオンNo.1の先生のお宅のように、躾目的以外ではケージに入れない、人間と同じスペースで生活出来て、犬にストレスがない環境で…と考えていました。

探していくうちに1つ、条件にピッタリで、お値段も良心的な躾教室を発見しました(^v^)
ホームステイ教室の場所も我が家から車で1時間程、出張躾教室も私達の住む浦和はエリア内なので、後々のサポートもしてもらえる・・。
早速電話してみると、「今であれば、ホームステイ教室も空いているのでお預かりできますよ。」と言われ、更に「一度お伺いしてワンちゃんの状況を見させて頂きたい」と言われました。

ホームステイ教室を一度自分の目で見ておきたかったので、「ごまを連れてそちらにお伺いします。」と話はトントン拍子に進みました。

ごまを見てもらい、状況をお話して、断られたら仕方ない…と半ばダメ元の状態でお伺いすることにしました。


- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。