◆ゴマブログ◆

フレンチブルドッグ"ごま"を中心にしたワンコ専用日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モモちゃんとのお別れ

ご無沙汰しております(^v^)

早いもので、モモちゃんが亡くなってから丸3週間が経とうとしています。
ごまも、家族もモモちゃんの居ない生活にもだいぶ慣れてきて、元気に過ごしております。

すっかり日が空いてしまいましたが、モモちゃんの事を書き留めておきたいと思います。

--------------------------------------------

モモちゃんが亡くなった翌日、7月2日。
1年程前に亡くなった私の実家の犬リュウタを葬ったお寺さんで、モモちゃんを葬ることになりました。
DSC00601.jpg

仕事で来られないはずだった義姉夫婦も急遽駆け付けてくれて、家族全員で最期のお別れが出来ました。
もちろん、ごまも一緒に。

ミニ祭壇は、義母さんの部屋である和室の床の間に。
DSC00615.jpg

お散歩仲間の方々から頂いたお花に囲まれて、幸せだね。モモちゃん。
DSC00614.jpg

1週間後には、卒塔婆も出来上がり、ビーグルやスヌーピーのぬいぐるみと一緒に立ててきました。
16040377.jpg

--------------------------------------------

モモちゃんは本当に親孝行なワンでした。

14年間これといった病気もせず、健康に元気に過ごしてくれました。
そして、いよいよ今日から本格的な介護生活に…と、家族皆が覚悟した日に逝ってしまい。。
介護もさせてくれませんでした。
14年間、お世話になったかかりつけの先生にも挨拶し、夕方にはカートで散歩に行って、お散歩仲間の方々にもきちんと挨拶していきました。
最期は義母さんの腕の中で息をひきとって…。
金曜日の夜亡くなった事により、最期のお別れは週末となったため、まつも一緒に見送る事が出来ました。

全てがお膳立てされているかのように事が上手く運んだことや、家族の手を煩わす事なく、そして後悔の念に駆られる事もなく、とても良い形で逝ったこと…。
最初から最期まで、本当にお利口すぎるモモちゃんでした。


モモちゃんのこれまでのエピソードも少し書き留めてみました。
(*長文ですので、お暇な方はどうぞ↓)
モモちゃんは一言で言うと、母性溢れたワンでした。
とっても穏やかな性格で、人間が大好き、そのため誰からも愛されるワンでした。(ごまと正反対!!)

そんなモモちゃんは、小さい頃から下のお写真の左側のワンちゃん、「チャクちゃん」をお母さんのように慕ってきました。
2歳程年上だったチャクちゃんとは、血の繋がりこそなかったものの、誰からも親子と間違われる程良く似ていて、とても仲が良かったそうです。
長い間、チャクちゃんはモモちゃんを事あるごとに守ってくれたそうです。
momo_0001.jpg
モモちゃんが9歳頃、チャクちゃんは先にお星さまになってしまったそうです。

今までマーキングのような行為をしなかったモモちゃんは、チャクちゃん亡き後は、マーキングのような行為をしたりと、徐々に独り立ちのような行為をしていったそうです。

それから暫くして、ワンパク坊主のごまがお家にやってきました。
P1030612.jpg
「う~ん。小さい仔は面倒臭いのよ~。」

この時モモちゃんの年齢は10歳を超えていました。
もう若くはないから、ごまの母親代わりのような行動はとらないかな~?と思っていましたが、先代チャクちゃんからの教わった事を、モモちゃんはごまに教えてくれました。
P1030801.jpg
「おもちゃは、仲良く2匹で噛むんだよ~。」

P1040014.jpg
「犬同士で遊ぶ時は、こうやってお腹を見せるのよ~。」

そして、モモちゃんも事あるごとにごまを守ってくれました。
ドッグランでもごまがただ他のワンちゃんと追いかけっこしてるだけなのに、それを見てない振りしてきちんと見守っていたモモちゃんが、追いかけっこしていたワンちゃんを一喝して追い払っちゃったこともありました(^_^;)

2匹一緒の散歩では、モモちゃんはごまの事を置いていくことはありませんでした。
モモちゃんはいつもごまの一歩後ろを歩き、ごまの事を後ろから優しく見守ってくれていました。
これはモモちゃんが亡くなる1週間前、最後の2匹一緒のお散歩になった時でもです。
DSC00570.jpg
*2011/06/25 この日の散歩が、2匹で一緒に歩いた最後のお散歩となりました。
歩くのもフラフラなモモちゃんが、脱線したごまを待っていた時、モモちゃんの母性を改めて感じました。


沢山のご近所ワンちゃん達にも慕われていたモモちゃん。
そして、沢山のワンちゃんのリーダーとしても君臨し、ごまだけでなく、仲間ワンの事もいつも見守ってくれていました。
P1060589.jpg

モモちゃんとごまが一緒に過ごした約3年と9カ月。
2匹の関係は、付かず離れず…。
2匹で寄り添って寝る事はまずしなかったし、ごまは一方的にモモちゃんに遊びを仕掛けたり、モモちゃんの使っているおもちゃをよこせ!と言わんばかりにワガママ放題!!
時々モモちゃんに一喝されてましたが、へこたれることもなくしつこくしていました(^_^;)。
モモちゃんは、しつこいごまに本気で怒ることもなく、いつも一歩下がって見守っているという感じでした。
P1040563.jpg

IMGP0106.jpg

IMGP0829.jpg

そんな様子からも、2匹の関係は"親子"という言葉がピッタリ。
モモちゃんは、ごまの母親代わりとしても、その努めをしっかりと果たしてくれました。
DSC00566.jpg
*お部屋での最後の2ショット。
いつも微妙な距離を保ってはいるものの、お互い姿が見えると安心できるという関係のようです。


---------------------------------------

モモちゃん、ごまのお世話今までお疲れ様!
そして途中から家族になった私にも優しくしてくれてありがとね!
天国では、先代ボスのチャクちゃんにいっぱい甘えて過ごしてね☆

---------------------------------------

オマケ:
若かりし頃のモモちゃんです(^v^)
momo_0003.jpg

3歳の誕生日です。
DSC00007.jpg

5歳目前です。
DSC00020.jpg

亡くなる前のモモちゃんとは別犬みたいに見えますね~(^v^)

 モモ

- 4 Comments

蓬ママ  

No title

こんにちは。無事にモモちゃんを送り出せる事が出来た様で私も安心しました。
モモちゃん、モモちゃんの性格がどんなに良い子で家族思いだった事がよくわかりました。
本当に優しい子だったんだね。モモちゃんも幸せだったと思うけど、それ以上に家族やお友達を幸せにしてくれたんだと思う。
虹の橋を渡っても、きっとこれからも心配で空から見守ってくれてるのかもね。
ママさん、御家族の皆様が毎日笑って過ごす事がモモちゃんの供養になるのではないかと思います。
私もモモちゃんの事はずっと忘れないよ。

2011/07/22 (Fri) 11:23 | EDIT | REPLY |   

ピノ母  

No title

きっと今頃はお花いっぱいのステキなところで
チャクちゃんとモモちゃん一緒に走ってますね^^
そしてゴマちゃんをそっと見守ってくれるんだろうなぁ。。

ゴマちゃん、寂しがってないですか?
すこし心配。。

2011/07/23 (Sat) 09:49 | EDIT | REPLY |   

りゅりゅ  

>蓬ママ様

温かいお言葉、いつもありがとうございます。(^v^)
モモちゃんは本当に優しい仔で、晩年は静かに寝ている時が多く、時々その存在すら忘れてしまう程でしたが(^_^;)、
亡くなってから、モモちゃんが居た事の影響力や存在感を改めて感じております。
多頭飼いは、2匹の関係等見ているだけでもとても楽しいですが、片方が亡くなった時のもう片方の悲しそうな姿を見た時はやはり可哀想に思いました。
それでも、2匹で仲良く過ごした時間は2匹にとってかけがえのない物であったと感じています。(^v^)
蓬ちゃんと大和くん、2匹はこれからどういう関係性を築いていくかな?
私もとっても楽しみです☆

2011/07/25 (Mon) 00:17 | EDIT | REPLY |   

りゅりゅ  

>ピノ母様

モモちゃん、小さい頃は走るのが大好きだったんですよ~!
なので沢山走って、沢山食べて、そしてチャクちゃんに怒られてますね☆(^v^)

ごまは数日はやはり寂しそうな仕草を見せていました。
でも、モモちゃんの介護や死を実際に目のあたりにして、近いうち別れが来ると分かっていたのか…
すぐに独り立ちしたようです!
そのあたりはワンの本能なのかもしれませんね(^-^)

2011/07/25 (Mon) 00:19 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。