◆ゴマブログ◆

フレンチブルドッグ"ごま"を中心にしたワンコ専用日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごまの歯、私の歯。

気が付けば、もう2月!
最近時の流れが早すぎて、それについて行けていない私です(^_^;)

さて、今日はごまの歯についてちょっと書いてみようかと思います。
*長文ですので、興味のある方はどうぞ(^-^)

これは先日の道満グリーンパークで撮影した写真です。
IMGP2682.jpg

ズームアップしてみると…

IMGP2682-2.jpg
ごまの左下の犬歯が5mm程欠けているのが分かると思います。

ごまの犬歯が欠けていると気づいたのは今から一年前程です。
何故欠けてしまったのか…
歯が欠けてしまった現場を見ている訳ではないので、正確なことは分かりません。
ただ、おそらくこれが原因だろうという事は分かっています。

------------------------------------------

ごまは躾教室から帰ってきた後も、毎日のように家族に対し激しく怒り、噛みつきました。
その都度ごまのリードを引っ張って外に出し、興奮して噛みつき行為を行うごまに、リードショックを与え、「人間は強い!負けない!」という事を教えてきました。(訓練士さんの指導のもとです。)

ごまは非常に頭が良く、リードショックを防ぐために、リードに噛みついてくるのです。
リードに噛みついてるつもりが、首輪とリードを繋ぐ金具を噛みついてくる時もありました。
それを人間が振り払うために激しく引っ張った時、おそらく歯が欠けてしまったのではないかと思います。
DSC00561.jpg
*2009/06撮影。歯が欠けたのはおそらくこの頃です。

文章だけでは伝わらないと思いますが、ごまも本気、そして人間も本気なのでかなり激しい戦いでした。
歯が欠ける程の強い力で引っ張らなければ、人間がメタメタに噛まれてしまいます。
力を弱める訳にはいかなかったのです。
今思えば、止む終えなかった事と思います。

------------------------------------------

実はごまをホームステイ躾教室に預ける前の事。
ごまが1歳過ぎて、ご飯をあげる時に噛みつき犬になって、暫く経っても全く噛みつき行為が改善されることなく、毎日誰かしらの家族が噛まれていた頃、私とまつは

「ごまの犬歯を丸く削る」

事も考えていました。
当然麻酔をかけて削る事になると思いますが、鼻ペチャ系ワンの麻酔リスクも承知の上でです。

私達にはごまとの生活と同時に、同居している義両親との生活もあります。
これまで義両親も幾度となくごまに噛まれていました。
義母に至っては、朝噛まれた傷の出血が夜まで止まらない事があり、夜間病院にかかるという事もありました。
幸いにして縫う程の怪我ではありませんでしたが、私達が家族に迎え入れたごまのせいで、義両親にこれ以上怪我をさせる訳にはいかない為、最悪の手段として歯を削る事を考えていたのです。

それと同時に、ほぼ諦めていた躾教室も再検討し、必死に探しました。
(プロの方にごまの状況を話すと、前例がなく、躾教室にかけても治すのは恐らく難しいだろう…言われたので、諦めていたんです。)
幸いにして、ごまの激怒状態を見た上で、ごまを預かってくれた躾教室が見つかり、先立って歯を削る事は避けられました。
DSC00212.jpg
*2009/04撮影。2ヵ月間のホームステイ躾教室を終えて帰宅直後です。

------------------------------------------

結果的に、ごまの歯は1本欠けてしまいました。
私自身、ごまの歯を見る度に"止む終えなかった事"とはいえ、胸がチクリと痛むのです。

ごまが激怒犬になった頃、すぐに躾教室に入れられていたら避けられたかも。。
なんていう想いもあります。

犬歯を削った方を否定するつもりはありません。
私自身も本気で考えていたし、削った方には我が家が経験したような止む終えない事情があったのだと思うので。

ただ、我が家の経験を通じて、歯を削る前に躾をもう一度見直してみることも一緒に考えてもらいたいのです。
ごまは、躾教室以降、噛みつき行為以外の日常生活(人間の食事や散歩など)でも改善した部分は多々ありました。
そして、私達家族も訓練士さんから犬に対してどういう風に接するべきか、沢山の事を教わりました。
当時は思いつかなかった、「室内でのリード装着」により、ごまと戦うための武器を得て、噛みつかれる事は少なくなりました。
ごまと私達家族の主従関係は、まだまだ不完全ですが。。(^_^;)
時間・費用共にかかりますが、噛みつき行為の根本から見直すのも悪くはないと思います(^-^)

------------------------------------------

現在3歳半のごま。
年齢のためか落ち着いてきて、今は噛みつき行為をする事はほとんどありません。

ごまのように家族に噛みついてしまうワンちゃんを飼われている先輩飼い主さんから、
「年齢が上になればなる程、確実に落ち着いてきますよ!」
という言葉を頂いた時、実は半信半疑だったのです。
でも今、現実としてごまは落ち着いてきています。
毎日噛みつき犬だった頃からは想像できないごまの姿が、今ここにあります。


ごまと私達家族の失敗や経験が、これから多くのワンちゃんに役に立ちますように☆
文章として残させてもらいました。
長文読んで頂きありがとうございました。

------------------------------------

ちなみに私の歯についてですが…(^_^;)

昨年秋のこと。
大口を開けて笑っていた私の顔に、興奮したごまが突然突っ込んできて、私の前歯とごまの歯が接触!!

結果…
14257796.jpg
*汚写真失礼!!
私の前歯が1mm程欠けました~~(T_T)(T_T)(T_T)
さすがの私もこれにはちょっと凹みましたorz
後日、歯医者さんに行って詰めてきました。。

IMGP2673.jpg
「僕の歯と同じだねぇ~」

手痛いしっぺ返しを食らってしまいました。(T_T)

 ごま しつけ ごま怒る

- 6 Comments

ピノ母  

No title

あらぁ~@@
りゅりゅさん歯とゴマちゃんの歯が
接触ってすごい!!
想像すると痛そう~@@
「オレの歯と同じだね~」には(爆)です^^

リードショックを防ぐために、リードに噛みついてくる。。。
ゴマちゃん、なかなかやりますなぁ。

2011/02/04 (Fri) 10:25 | EDIT | REPLY |   

おはぎ。  

No title

うちのちゃおは、まだ甘噛み程度ですがごまママさんの記事は
人ごとじゃありません。
私はまだ痛い思いはしていませんが、夫は甘噛みの延長で
手が傷だらけになってました。

電話でしか状況は話してないんですが、躾の先生に
『手遅れにならないうちに一日でも早く躾教室に来て下さい』と
言われてます。
なので去勢後の処理(抜糸があるんです)が終わったら、すぐお願いする予定です。

最初来た頃は激怒しても、少ししたら落ち着いてくれたりしてたんですけど・・・
そのうちケージに入れても吠えるようになってしまったのです。
主従関係が上手く行ってないんだと思います。
もっと早く躾教室に行くべきだったなぁと後悔してます。
まさかここまで酷くなると思わなかったからなぁ。
ちょっと、かんしゃく持ちの犬だと片づけてしまったのが
いけなかった><

そうそう、役に立つから読んでみて!と話して、ごまママさんの過去記事
夫にも読んでもらってるんですよ^^
尻パンチしてる映像を見て『ちゃおと同じだー!』と騒いでおりました(笑)

ぁ、ごまちゃんはいつ去勢されましたか?

うちもいつか、こんなことがあって大変だったねぇ~なんて
話せる日が来るといいなぁ。

犬のことでこんなに悩むとは思わなくて、どんよりした気持ちに
なったりしましたけど・・・
ごまママさんからいつも温かいコメントいただいて嬉しかった。
ありがとう~~~!
これからもよろしくお願いします♪

2011/02/06 (Sun) 16:12 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/02/07 (Mon) 00:08 | EDIT | REPLY |   

りゅりゅ(ごまママ)  

>ピノ母様

まさか…歯と歯が接触するなんて思ってもみませんでしたっ。
痛みはなかったんですが、すごい衝撃でした(^_^;)
ごまにしっかりと報復されてしまいました。。

リードに噛みついてくるのは、頭の良いワンちゃんに多いと
訓練士さんに言われました。。
ごまの場合は悪賢いって感じですが(^_^;)
リードを引っ張られる事に対してものすごい神経質なので、
早く室内リードもとりたいんですよね~(>_<)

2011/02/07 (Mon) 01:25 | EDIT | REPLY |   

りゅりゅ(ごまママ)  

>おはぎ。 様

ちゃおちゃん、去勢手術無事に終えられて本当に良かったです!

ごまは、激怒犬になる前、8ヶ月の時に去勢を行いました。
正直な所、ごまの場合は去勢して落ち着いたという事はなく、
2歳過ぎてからは片足あげてマーキングもするし、オス犬がダメになってしまいました(^_^;)
でも、ワンちゃんもそれぞれだと思いますので、
ちゃおちゃんには去勢をした事が良い結果に繋がると良いですね(^v^)

おはぎ。さんはちゃおちゃんを家族に迎えて本当に良く躾の事も考えておられると
思いますよ!
我が家なんて、ごまが怒りだしても半年放置してしまったし、
パピーの頃に躾教室なんて考えもしていなかったので…(^_^;)
うちもスタートは遅かったですが、本当にプロの手を借りて良かったと思っています☆
ついつい人間目線で考えがちな犬の躾ですが、訓練士さんのお話を聞いて、
犬の本能に基づいて、良い事なのか、悪い事なのか、少しずつ考えれるようになりました。
ちゃおちゃんにとってもきっと良い方向に導く結果になりますように♪

尻パンチ映像見て下さったんですね(^v^)
あれは躾教室前なんですが、あの頃「ごま怒っててかわいぃ~」なんて思ってましたよ(笑)
激怒状態な訳ではないですが、今改めて見ると、アレは…問題行動ですよね。。
でも躾教室後、ああいう行動はピタっと治まりました。
リードウォークトレーニングは、ごまにとってかなり効き目があったようです♪

あんな激しいごまですら、落ち着いて来た事を実感できていますので、
ちゃおちゃんも3歳過ぎてくると段々年齢と共に落ち着いてくると思いますよ!
我が家も他の大人しいワンちゃんと比べては悩む日々でしたし、
近所以外で仲良くできるお友達すらなかなか居ず、寂しく感じる事もありました。
でも今はごまと家族だけでも無理せず楽しんで行ける方法を考えて模索しています♪

おはぎ。さんも旦那様も無理せず焦らずに、頑張って下さいね♪
ちゃおちゃん、こんな素敵なご家族の元に来られて、
本当に幸せワンちゃんだな~って思いますよ!(^v^)


> うちのちゃおは、まだ甘噛み程度ですがごまママさんの記事は
> 人ごとじゃありません。
> 私はまだ痛い思いはしていませんが、夫は甘噛みの延長で
> 手が傷だらけになってました。
>
> 電話でしか状況は話してないんですが、躾の先生に
> 『手遅れにならないうちに一日でも早く躾教室に来て下さい』と
> 言われてます。
> なので去勢後の処理(抜糸があるんです)が終わったら、すぐお願いする予定です。
>
> 最初来た頃は激怒しても、少ししたら落ち着いてくれたりしてたんですけど・・・
> そのうちケージに入れても吠えるようになってしまったのです。
> 主従関係が上手く行ってないんだと思います。
> もっと早く躾教室に行くべきだったなぁと後悔してます。
> まさかここまで酷くなると思わなかったからなぁ。
> ちょっと、かんしゃく持ちの犬だと片づけてしまったのが
> いけなかった><
>
> そうそう、役に立つから読んでみて!と話して、ごまママさんの過去記事
> 夫にも読んでもらってるんですよ^^
> 尻パンチしてる映像を見て『ちゃおと同じだー!』と騒いでおりました(笑)
>
> ぁ、ごまちゃんはいつ去勢されましたか?
>
> うちもいつか、こんなことがあって大変だったねぇ~なんて
> 話せる日が来るといいなぁ。
>
> 犬のことでこんなに悩むとは思わなくて、どんよりした気持ちに
> なったりしましたけど・・・
> ごまママさんからいつも温かいコメントいただいて嬉しかった。
> ありがとう~~~!
> これからもよろしくお願いします♪

2011/02/07 (Mon) 01:44 | EDIT | REPLY |   

りゅりゅ(ごまママ)  

>鍵コメ様

メッセージ読ませて頂きました(^v^)
ありがとうございます!!
改めて、こちらからメール送らせて頂きますね♪

2011/02/07 (Mon) 01:46 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。