◆ゴマブログ◆

フレンチブルドッグ"ごま"を中心にしたワンコ専用日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごまの怪我

日曜日、競馬場で遊んだ後の帰り道での事。

競馬場から車の停めてある場所まで50m位、住宅街を歩いて帰るのですが、マーキング王&臭い嗅ぎ大好きごまはいつもの通り、あちらこちらの電柱をスンスンしていました。

ごまが電柱をスンスンした直後、後ずさりした途端、

「キャーン!!」

という今までに聞いた事がないような泣き声を発しました。

後ずさりした時に、側溝のコンクリート蓋の手掛け穴
img55439544-1
↑ちょっとお写真拝借しました。

に後ろ脚を誤って入れてしまったようでした。

驚きと若干の痛みとで驚いてしまったごまは、すぐに私の膝の上に乗っかりガタガタ震えてしまい。。
パッと見、外傷はなかったのですが、念の為ごまを車までそのまま抱っこして家まで帰宅しました。

家に帰ってから再度足の状態を確認してみると…

左後ろ足の腿内側に擦り傷が…(T_T)
P1080387.jpg
ほとんど出血もしていないし、ちょっとした擦り傷程度だったので良かったです。

ひとまず、当日は傷を触らないように、ガーゼ&テーピングで固定しておきました。
NEC_2530.jpg

NEC_2529.jpg
夜、いたずらしてテーピングを取って飲み込みそうだったので、ごまが寝る前にテーピングを外しました。

ごま自身は痛みを感じている様子は全くなく、翌日から元気に散歩に出かけています(^-^)
消毒は、案の定嫌がりますが。。(-"-)
現在はかさぶたになってきており、順調に回復しています☆

-----------------------------

側溝の手掛け穴、結構危険が多いみたいですね。
ワンちゃんは結構この穴に足を落としてしまい、足を骨折してしまう事があるそうです。

実は私、実家の犬・今は亡きリュウタが14歳位でヨタヨタ歩いていた時に同じ経験をしたことがあるんです。
P1030711.jpg

その時は手掛け穴ではなくて、よく道路で見かけるステンレス製の格子蓋だったのですが。。
身体能力の高い柴犬だったし、今までそんな穴に落ちた事がなかったので、何も気にせず散歩をしていたんですが…。
この時も一瞬目を離した隙に、落ちてしまっていたようです。
太ももの奥まではまってしまっていて、「助けて」と言わんばかりの顔で訴えてきたリュウタ。
慌てて救い出そうとしましたが、蓋とはいえ結構な重さでなかなか私の力では持ちあげる事ができない。。(T_T)
通行人に助けてもらおうかと考えていた矢先、なんとか自力で格子蓋から足を抜くことができました。
リュウタは無傷だったのが幸いです。

-----------------------------

そんな経験があったので、この日もモモちゃんのリードを持っていたまつに
「モモちゃんはもう歳だから、側溝の穴に落ちないように注意してね。なるべく歩かせない方がいいよ。」
なんて偉そうに言っていたんです。

その30秒後位に…
まさか、若いごまが穴に落ちるとは…(T_T)
若いから大丈夫☆なんて思っていた私の監督不行届きですね。。反省です。。

皆様もくれぐれもお気を付け下さい。

 競馬場

- 2 Comments

おはぎ。  

No title

ごまちゃん痛そう(T_T)
骨折じゃなくて、よかったです。

うちのちゃおもマーキング王&臭い嗅ぎ大好きなんですよ。
マーキングして自分のおしっこまでスンスンしてます^^;

ちゃおもこの前、うんPした場所に側溝のコンクリート蓋の手掛け穴が
あって右足がすぽっと入ってしまったんです!
ちゃおは何事もなかったかのように、足を抜いていましたが(笑)
人間の方が驚いてしまいました(苦笑)

2011/01/27 (Thu) 19:05 | EDIT | REPLY |   

りゅりゅ(ごまママ)  

>おはぎ。 様

ご心配頂きありがとうございます。
今思い返せば、大した怪我でなくて本当に良かったです。

ちゃおちゃんも落っこちちゃったことあるんですねっ!!
何事もなく抜くちゃおちゃん、本当に大物だぁ~(^v^)
おはぎさんご家族の方が確かにびっくりしちゃいますよね!!

ごまは、ガゥガゥ犬で一瞬怖い物なんて何もないようなイメージでとられるんですが、
実はすっごい臆病で怖がりなんですよ~(^_^;)

ちゃおちゃんもマーキング王ですか!!
男っ気が多い所が似てますね~(^v^)

2011/01/28 (Fri) 00:42 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。