◆ゴマブログ◆

フレンチブルドッグ"ごま"を中心にしたワンコ専用日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごま、眼科検診へ・・・

昨日の夕方、いつもお世話になっている病院の眼科検診の予約を入れていたので行ってきました。

P1070491.jpg
「え~?また病院?」

ごまの現在の目の状態はこんな↓です。
P1070491 (2)
水晶体が白濁しているのが写真でも一目瞭然でわかると思います。
ちょっと話はそれますが…
----------------------------------------------
ごまが先天性の若年性白内障であると気付いたのは、ごまが1歳を過ぎた頃、いつもシャンプーに通っているお店の当日の担当トリマーさんに指摘されたのがキッカケでした。
トリマーさんが「ごまちゃんまだ1歳なのにこんなに目が白いのはおかしいです。白内障かもしれないので、一度病院で診てもらった方が良いと思いますよ」と。
後日、病院で診てもらい、若年性白内障という病気が確定しました(>_<)

ごまが1歳になるまで、結構な頻度で病院にも行っていましたし(予防注射やら、アカラス治療、去勢手術など)、シャンプーにも行っていました。
でも、どこでも指摘されなかったのです。どこも問題ないですねぇ~って。。

実は私は前々からごまの眼はずいぶん青っぽいなぁ~?って思ってはいたんです。
他の二匹(リュウタとモモちゃん)は綺麗な茶色い瞳だったので。
でもフレンチブルっはこういう眼球の色なんだぁ~と自己解決していました。

プロでも案外と眼の病気…というのは気付きづらいのかもしれません。
もし機会があれば、皆様の愛BUHIちゃんの眼のチェック、してみて下さいね(^-^)

ごまの4ヶ月頃の写真ですでに瞳が青いのを考えると、
P1030663.jpg
ペットショップorブリーダーはおそらく知っていて販売していたんでしょうね。。
確かにごまは、ペットショップの売れ残り、当時では考えられない程安い値段で売られていました。
(しかもそけいヘルニア有り?と。そちらは問題なく塞がりましたが…。)

そして、先天性…ということはごまの両親のどちらかがそういう病気を持っているという事になります。
そういう犬をブリーディングするというのは、普通ならば考えられないそうです。

勿論、当時全くの無知で、そういう場所・条件で購入してきた私達にも責任はあります。
今は私達のかけがえのない大切な家族であるごまの、現実を是非知って頂きたく、ちょっと書いてみました。

----------------------------------------------

こちらの病院に一ヶ月に一度外来を行っている眼科専門医のO先生と久々の対面です。
1年半位前、一度診て頂いた事があり、その時のカルテを見直していたのでしょか?
先生がごまの性格を知っているか?のような錯覚に陥る程、良く話を聞いてくれました。

他人に怒ってしまうこと、躾を優先にしていたので今に至る事、目薬を挿せない事、そのトレーニングすら上手くいかなかった事…。
それでも手術ができるかどうか?と、ストレートにこちらの想いも伝えました。

先生曰く、

・目薬を挿せた方が手術の成功率が高い。ステロイド系の抗炎症薬は点眼の方が効き目が良いため。
成功率は下がるかもしれないが、目の塗り薬で対応し、飲み薬をちょっと長く飲むという選択肢もとれる。
・ごまちゃんの場合は、通常の状態での検査が難しそうなので、麻酔を効かせてから検査をし、検査結果で手術が出来るようであれば、そのまま麻酔を効かせたまま手術するという方法が良いと思う。

と、こちらの事情を理解した上での妥協案を出してきてくれました(^v^)

ただ、実際に手術をする病院は、O先生が月数回外来に行っている所沢の病院、もしくはメインでお仕事をされている静岡(神奈川寄り)の病院になるとの事。
術後の経過外来などは、なるべく埼玉で出来るように調整することも可能だそうです。

費用に関しては、静岡の病院の方が所沢より5万円程安く、おそらく両目で50~60万位との事。
前回、検査結果の予約をした都内の有名な病院では片目でも35万~40万と言われていたので…。
私達には…とても大きな負担なので、少しでも安いと助かる…というのが本音です。

「目薬挿せなきゃ、手術は無理」と言われる病院が多い中、一緒に考えてくれる先生がいた事に感謝しきりです。
この縁に感謝しなければ…(^v^)
ごまは、色々と縁には恵まれている気がします☆

5月でも手術は可能との事ですが、少し家族と相談する必要があるのでまだ具体的な日にちは決めていません。
また報告させて頂きます☆

週末の競馬場の様子です。
P1070478.jpg
「一緒に走ろう~!!」
P1070484.jpg
「やぁぁ!!」
P1070487.jpg
「とぉぉ!!」

最近暖かくなってきたせいか、競馬場でも沢山のワンちゃんをお見かけするようになりました(^v^)

 若年性白内障 病院 競馬場

- 6 Comments

ピノ母  

No title

なんと言ったらよいか。。
ママさん、精神的にお疲れでしょう。。
大切なゴマちゃんのことですものね。色んな事を考えますよね。
でも、親切な先生のようで。それだけはよかった。
費用はほんと。。負担が大変ですよね。
手術か。若いゴマちゃん、絶対大丈夫。
ママさん・パパさん、頑張ってくださいね。

ピノも結石とシコリの検査・治療で今年に入ってから医療費がスゴイです。私も最近、仕事増やしましたよ。。
そして。目が青いです。赤ちゃんの時からです。
今度、病院に行ったときに診てもらいます。

2010/04/29 (Thu) 23:18 | EDIT | REPLY |   

りゅりゅ(ごまママ)  

>ピノ母様

手術に関しては本当に悩みました。
今も正直なところ悩んでいます。
今の状態をキープできるのならば、手術しなくても…と考えていましたが、年々悪化を辿る・・・となるとなんとしても手術したいとも思いますし、でも麻酔のリスクを考えると…(>_<)

ピノちゃんのその後の具合はいかがですか?
早く完治すると良いですね(^-^)

医療費は…ビックリするほどかかりますよね!
お仕事増やされる気持ち分かります!
私は、ごまの病気が発覚せず、性格も穏やかだった頃に仕事を辞めたんです。
…本当に後悔しましたよ(^_^;)

ピノちゃん眼が青いんですか?
でも、BUHIちゃんによっては生まれつき青みのある仔もいると思いますので、大丈夫だと思いますよ(^v^)
でも一度診て頂いた方が安心できると思います☆

2010/04/30 (Fri) 11:24 | EDIT | REPLY |   

らんらん  

No title

胡麻海苔ママのらんらんです。
ごまちゃん、視力が弱いとは思えない程元気に遊んでますね!
うちの胡麻だったら、芝生の真ん中で昼寝をしそうです。
(ドッグランの真ん中で寝た前科あり)

胡麻の白内障は、病院でも「よく気付いたね」と言われるほどかすかな物だったのに、2週間でいまのごまちゃんよりも白濁していました。
おそらく1ヶ月持たずに失明・・・・・
考える余裕もなく手術をしてしまいましたが、片目で25万円・・・・・・
冬のボーナスが消えました。
もしもう片目が白内障になったらどうしよう?と悩みは尽きません。

りゅりゅさんとごまちゃんにとって、良い結果となることを願ってます。

2010/05/01 (Sat) 15:50 | EDIT | REPLY |   

りゅりゅ(ごまママ)  

>らんらん様

慣れている場所はほぼ記憶しているようで、白内障の事を忘れてしまう位に元気に遊びます♪
でも、初めての場所では…ガンガン障害物にぶつかってしまいます(>_<)
胡麻ちゃん、ドッグランの真ん中で昼寝ですか??(^v^)
大物ですね~☆

1ヶ月も持たずに失明してしまう程早い進行の白内障だったんですね!!
悩む時間もほとんどない間での手術の決断に、らんらん様ご家族はどんなに大変だった事でしょう・・
胡麻ちゃんの手術そして術後ケアが上手くいって、元気に過ごされている姿を見て、我が家もとっても勇気づけられます☆

ごまの場合は術後ケアがかなりの不安要素ですが、頑張ります(^v^)!

2010/05/02 (Sun) 01:19 | EDIT | REPLY |   

ココのママ  

No title

ごまくんのことを考えてくれるお医者さんが居てくれてよかったですね。
信頼出来る先生がいれば話もしやすいし色々と相談も出来るし。
りゅりゅさんがこんなに一生懸命ごまくんのことを考えてるから
ごまくんの手術もきっと良い方向に向かうと思います。
陰ながら応援してます!v-290

2010/05/10 (Mon) 22:54 | EDIT | REPLY |   

りゅりゅ(ごまママ)  

>ココのママ様

ありがとうございます(^v^)
こちらが手術を望んでも断られる状況の中、一緒に考えて下さる先生が居たのは本当にラッキーでした☆
ひとまず手術まで辿りつけるように、頑張ります!!
ココちゃんの手術も無事終わったとの事で、私もホっとしています☆
秋にはまた道満などでお会いできると良いですね~(^v^)

2010/05/12 (Wed) 01:52 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。