◆ゴマブログ◆

フレンチブルドッグ"ごま"を中心にしたワンコ専用日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リュウタ…お星さまに…

久々更新です。

リュウタが3週間程前からご飯が食べられなくなり、実家に行ったり…とドタバタしていました。
皆様のBlogにも遊びに行けず、申し訳ございませんでした。

そして、4月5日 夜9時34分 16歳と5ヶ月で、リュウタが永眠しました。
両親に見守られながら、眠るように静かに息を引き取ったそうです。
P1030169.jpg

*亡骸の写真を含みますので、大丈夫な方はどうぞ

リュウタは、亡くなる2週間前からご飯が全く食べれなくなりました。
自力で水を飲む事も出来なくなりました。口がほとんど開かないのです。
P1060896.jpg
*亡くなる4日前のリュウタ

老犬なので、これ以上なす術もなく…。
元々ガリガリに痩せてしまった身体が、更に日に日に痩せて行きました。
P1060897.jpg
*亡くなる4日前のリュウタ

シリンジで水やリンゴジュース、高カロリーな飲み物を水で薄めた物を飲ませていました。
流動食も試してみましたが、咀嚼がありませんでした。嫌だったのかな?
P1070004.jpg
*亡くなる2日前のリュウタ。父親にシリンジでお水をもらっています。

--------------------------

リュウタがお星さまになってしまった5日の日、私と姉は旅行に行っていました。
前々から予約していたのですが、急にリュウタの具合が悪くなり、キャンセルしようかとも考えていました。
しかし、母親が「しっかりと面倒見ているから大丈夫だよ。今まで十分やってくれたんだから、行っておいで。」と言ってくれたので、迷ったのですが、行く事にしました。
ギリギリまで私も姉もリュウタに会いに行き、姉は旅行前日の深夜までリュウタに点滴を施していました。

リュウタの不幸を旅行先で知り、とてもショックを受けましたが、正直ホっとしました。
「私達の帰りを待っててネ」と思う気持ちより、早く苦しみから解放されて欲しいという思いの方が強かったからです。
その位、リュウタは痩せてしまっていて、目からはいつも涙が出ていました。
"もっと長生きしてね"と思う事が、人間のエゴだと思う位に、本当に痩せて弱ってしまっていたのです。

IMGP2349.jpg
*父が撮影したリュウタの亡骸。本当に眠っているかのようです。

リュウタは翌日の6日、毛布にくるまれ母の腕に抱かれ、桜満開の桜並木の中を通りながら、地元にある西信寺別院でお骨になり、葬られたそうです。
リュウタが亡くなった時の体重は4.5kgしかなかったそうです。

----------------------------

今日、西信寺別院にリュウタに会いに行ってきました。
住宅街にポツンとある、静かなお寺でした。
P1070326.jpg

慰霊碑があります。
P1070327.jpg
ここにお花とお線香をあげてきました。
リュウタの亡骸を見ていないので、ここにリュウタが眠っているという実感があまり湧かなかったのですが、リュウタの最期を見送ってあげられらなかった自分へのふがいなさ…等、いろいろな事が頭を駆け巡り、涙が溢れてきてしまいました。
12日以降に卒塔婆が出来上がるそうなので、また改めて会いに来たいと思います。

実家には、母が作った簡単な仏壇がありました。
P1070328.jpg

半年に及ぶリュウタの介護は大変な事も多かったです。
でもリュウタ介護を通じて、バラバラに住んでいる家族がまた結びついたキッカケになりました。
リュウタには感謝しなきゃいけないですね(^-^)

走るのが大好きだったリュウタ。今は空の上で沢山駆け回っていると思います。
今まで、リュウタの介護を励まして下さった皆様、ありがとうございました☆

- 8 Comments

きちまま  

No title

今日は お疲れさまでした。

そうでしたか・・・お逢いしたのにお悔やみの言葉言えず、
ごめんなさいね。
リュウタくん ご家族の皆さんに手厚い介護してもらって
感謝してると思いますよ。

「BUHI」春号にペットロスの記事があり、よい内容でした。
もしまだ読んでなければ、機会があったら読んでみたら
いかがかなと思います。

リュウタくんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

2010/04/11 (Sun) 19:49 | EDIT | REPLY |   

ピノ母  

No title

今日、道満でご一緒させていただいたピノです。
ピンクの服を着ていた女の子です。
ごまくんのブログだ!と思ってきたのですが、
涙が。。

リュウタくん。安らかに。


また遊びに来ますね。

2010/04/11 (Sun) 23:05 | EDIT | REPLY |   

りゅりゅ(ごまママ)  

>きちまま様

こちらこそ☆お花見ありがとうございました(^-^)

想像通りの結果に終わってしまったごまですが(^_^;)、色々と出会いもあり私達にとってとても有意義なお花見になりました♪

色々とお気づかい頂き本当にありがとうございました。

リュウタが居なくなり、寂しい思いもありますが、これからは我が家の2匹のために出来る限りの事はしてあげたいと考えています。

「BUHI」是非読んでみますね☆えいきちくんも掲載されているんですよね~(^-^)
また道満でお会いする時にはどうぞ宜しくお願い致します。

2010/04/12 (Mon) 16:43 | EDIT | REPLY |   

りゅりゅ(ごまママ)  

>ピノ母様

ご来訪ありがとうございます(^-^)
そして、道満では大変お世話になりました。

ピノちゃんはランでも沢山走っていて元気はつらつで可愛かったです!
ごまもピノちゃんの後を走っていましたよ~☆

リュウタの件、ありがとうございます。
寂しい思いもまだありますが、乗り越えて行きます☆

また道満などでお会いできた際には是非宜しくお願いします。

2010/04/12 (Mon) 16:47 | EDIT | REPLY |   

蓬ママ  

No title

リュウタ君。本当に頑張ったね。
記事を見て、ただただ涙です。。。
私も実家で動物を飼っていたのですが、老衰と腎臓不全になってしまい、最後は毎日の点滴・注射・薬漬けの毎日になってしまいました。
助からない・治らない事は分かっていたのですが、やっぱり一分でも息をして欲しいと願ってしまい、その仔には可哀想な事をしたかもと後悔しています。
きっと自然の中で生きていれば、こんな痛みを長い間耐えなくて良かったから。。。
もっとああしてあげれば良かったとか、毎日後悔や申し訳なさでいっぱいでしたが、一つの命を大切に幸せにする事は私達にとってもとても幸せな事ですよね。
私はそんな気持ちを忘れない様に蓬を育てています。
後悔しない様にって思っていても、亡くなったら絶対後悔しますよ。
どうゆう治療方針にしたって。
きっと大切さは伝わってるはずだと信じています。
ママさん、ママさんのご家族様、半年間の長い介護お疲れさまでした。。。
きっと、ずっとこれからもリュウタ君は皆さんの近くで見守ってくれていると思います。
ママさん?ママさんも幸せでいなくちゃですよ!
リュウタ君の為にも。きっと空から願っているはずです!

2010/04/14 (Wed) 11:06 | EDIT | REPLY |   

ココのママ  

No title

リュウタくん、お星様になられたのですね。。。
ご家族の皆様やりゅりゅさん長い間本当にお疲れさまでした。
りゅりゅさんのブログでリュウタくんの介護生活を拝見していて
とても胸が熱くなる思いでした。
ご家族の方にたくさん愛されて幸せだったと思います。
リュウタくん、お空の上できっと駆け回ってますね!
りゅりゅさんも元気出して下さいね。

2010/04/14 (Wed) 23:41 | EDIT | REPLY |   

りゅりゅ(ごまママ)  

>蓬ママ様

いつも心温まるメッセージをありがとうございます☆
蓬ママ様も、ご実家のペットを手厚く看護されていた事があるんですね。
おっしゃる通りで、長生きして欲しいと願ってしまうが故、逆に辛い思いをさせてしまったのではないか…という気持ちが拭いきれません。
でも、きっと何をしても、しなくても、後悔って残るんでしょうね。。
今ある時間を大切にするという事を、リュウタから学ばされた気がしました。
やれるべき事はやってあげられたので、今は寂しい気持ちもありますが、ホッとしています(^-^)
リュウタがいつも空から見てる…と思って、毎日気をひきしめないと~ですね!!
本当にありがとうございました!!

2010/04/15 (Thu) 01:06 | EDIT | REPLY |   

りゅりゅ(ごまママ)  

>ココのママ様

いつも暖かいメッセージをありがとうございます☆
ふ…と寂しく感じる時もありますが、リュウタの居ない生活にもだいぶ慣れました。
半年に渡る介護生活で、いつでも覚悟はできていたものの…
いざ現実になると、不思議なものでなかなか実感湧いてきませんでした(^_^;)
リュウタとお空でいつか会える日を信じて、元気を出して2匹と暮らしていきたいと思います。
ありがとうございました!!

2010/04/15 (Thu) 01:11 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。