◆ゴマブログ◆

フレンチブルドッグ"ごま"を中心にしたワンコ専用日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訓練士さん来訪

今日はごまのホームステイ教室先の訓練士さんが家庭訪問に来ました。
ごまの普段居るリビングやケージ等を見て頂き、それからお話を伺いました。

家を見渡す限り、環境には全く問題ないとのこと。
「閑静な住宅だし、ケージの位置も問題なく…逆にここまで問題がないので、何故ご飯の時に怒るのか原因がつきとめにくいですね~」と言われてしまいました(^_^;)

ごまは、とにかくよく噛むそうです。
噛む事を悪い事だと思っていないそうで、今それを直す訓練しているとの事。

餌も電話でのお話では「怒らず食べている」と聞いていたのですが、今日来た訓練士さん(所長さん)によるとやっぱり怒るそうです。
ただ、訓練士さんの事は「上」とみているようなので、怒っても30秒位で鎮まるそうすが…。

また散歩について、訓練士さんは
「ごまちゃんは散歩あまり歩きません。歩いてもグイグイ自分で肩で風を切ってあるきます。でもこれじゃいけないのです。犬が右に行きたくても、人間が左に行く時にはついて行く、犬が匂いを嗅いでいても、人間が前に進む時には一緒に進む。そういう風に人間について行くことを学ばないといけないのです。」
と指摘しておられました。

訓練士さんも今までのパターンと全く違うタイプのごまに手こずっているようで(^_^;)
我が家を見たら何か原因や、治すキッカケが見当たるかも?と考えて来たようですが、これといった問題も見当たらず困っておられました。

でも「楽しみにしててください!絶対によくなりますよ!」と心強い声をかけてくれました。
ごまが戻ってきてからも、飼い主である私達との訓練が欠かせないな~と実感しました。
大変になりそうです!

訓練はやはり2ヶ月以上にはなりそうです。

今日の訓練士さんの話を受けて、私達も学ぶ事は多かったです。
訓練のその本質と、ごまの今の現状を私達も理解していかないといけない…と気を引き締められました。
また、家族の考えがバラバラだったり、人間本意の考えを押し付けてしまったり…。
そのあたりももっと考えていかなくてはならないと思わされました。

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。